東海地震と浜岡原発、パネリストへのご質問、シンポジウムへのコメント(掲示板)

東海地震と浜岡原発へのご質問、パネリストへの質問、シンポジウムへのコメントなどをお寄せ下さい。

お名前は匿名でかまいませんが、性別、年齢、ご職業、居住市町名もご一緒にご記入いただけると幸いです。

*コメント記入欄のホームページの項目は無視して下さい。


*シンポジウム「浜岡原発と東海地震〜今、私たちにできること〜」は、現実的な原発震災防災計画を策定するための第一歩となることを目的としており、原発の是非を問うことはいたしません。

特定の個人、企業、組織を非難、誹謗中傷する内容・表現、またシンポジウムの趣旨と離れる内容(原発の是非について)はお控え下さい。

*事務局での承認後、掲載させていただきます。

 

シンポジウムでは、多くの方々から寄せられた質問をシンポジウムでもご紹介させていただく予定です。

シンポジウムは時間が限られていることもあり、全ての質問をご紹介できないことを、予めご理解下さるようお願いいたします。

 

皆さまから寄せられたご質問は、シンポジウムで挙がった課題と合わせ、シンポジウム終了後、静岡県に提言いたします。

 

*個人情報の取り扱いについて皆様からいただいたご意見と個人情報(氏名・匿名可、年齢、性別、肩書き)は、市民の声として、シンポジウム「東海地震と浜岡原発」と防災計画策定のための県への提言書に活用させていただきます。それ以外の目的には使用いたしません。*年齢、性別、肩書きの記載は任意です。

 

コメントをお書きください

コメント: 19
  • #1

    伊藤(磐田市・38歳・主婦) (金曜日, 02 3月 2012 11:09)

    浜岡原発では、現在原子炉建屋内の燃料プールに保管されている使用済み燃料をより安全に保管するため、水を張らずに冷却できる施設を敷地内に計画中とのことですがそれはどういったシステムになっているのでしょうか?
    また、それが実現することにより、東海地震で建物が崩壊したり電源が喪失した際などに放射性物質が放出されるような危険性がどのくらい低下するのか教えていただきたいです。

  • #2

    野村民夫 (金曜日, 02 3月 2012 17:37)

    相良層の低測度層の影響に対して、アスペリティの位置から揺れの増幅は問題ないとの結論を出していますが、学説ならともかく、実際の安全性評価として使えるだけの信頼性はあるのでしょうか?
    http://www.chuden.co.jp/corporate/publicity/pub_release/press/__icsFiles/afieldfile/2011/02/25/12151.pdf

  • #3

    野村民夫 (金曜日, 02 3月 2012 17:45)

    津波に対する安全性評価には疑問があります。
    (1)チリ津波の様に周期の長い引き波を考慮していない。
    (2)土砂、浮遊物等で取水路やプールが埋まることを想定していない。
    (3)航行中の船が津波に乗って突入することによって取水塔や防波堤などを破壊することを想定していない。
    余りにも都合の良い想定ではないでしょうか?
    http://www.chuden.co.jp/energy/hamaoka/hama_jishin/hama_tsunami/index.html?cid=ul_me

  • #4

    武田信弘 (土曜日, 03 3月 2012 08:15)

    原発は岩盤の上に直接建設されます。

    ところが岩盤は一般の地盤に比べて格段に地震縦波を伝えやすいといいます。

    地震縦波は通常初期微動をもたらすだけで被害をもたらさないとされてきました。しかし、これは単に震源深さが15キロ程度の浅い地震が人の住んでいる地域の直下で起こってきていなかったことと、原発のような巨大で複雑な建設物の直下で起きたことがなかったからです。

    地震縦波は衝撃波といわれ、原発直下で、特に東海地震のようなプレート境界型地震、つまり、縦方向の変位が大きな地震が起こった場合の影響はまったく判明していません。

    また、阪神大震災や311の地震でも縦波の影響を受けて崩れた建築物があったはずですが、まったく報道にあがっていません。

    地震縦波の影響について、どう考えられているのか、それを質問します。

    なお、地震縦波を感知して緊急地震速報が出されますので、直下型の東海地震については、その震源地の真上にある浜岡原発には緊急地震速報もなんら役立たないはずです。

  • #5

    横山奈緒美 (月曜日, 05 3月 2012 08:44)

    牧之原市には過去海の底だったところが隆起してできた大きな山(男神・天神山、女神・帝釈山)があり、太平洋側で唯一の油田(相良油田)があります
    駿河湾地震の時、この帝釈山が崩れました
    私はこの近くに住んでいます
    どれも、以前は海の底だった場所なので、地形が変わるほど隆起する地形が浜岡原発の近くにもないのかを知りたいです

    もしあるのなら、
    津波どころではないのでここのところを知りたいです

  • #6

    ko (水曜日, 14 3月 2012 14:25)

    いざ地震が起きて 原発に何かあったときに すぐに情報が 公開されるのですか??

    緊急時 ヨウ素剤 などの配布はどうなっているのか知りたいです。
    そういう担当者は ヨウ素剤の服用に 関して詳しく 知っているのですか??

    いざ 想定外の大きい災害が起こった時に スムーズに ヨウ素剤など配布できるのか心配です。

  • #7

    浅井 緑 (水曜日, 14 3月 2012 14:46)

    放射能漏れ事故が起きた時、放射能から逃れるために避難する場合、渋滞なのが心配で、家に留まるべきか、即避難すべきか判断できない。誰が判断するのですか?
    情報はどうやって得られるのですか?

  • #8

    酒井慶助 (水曜日, 14 3月 2012 16:20)

    酒井慶助 男 66才 年金生活者 駿東郡清水町在住

    質問
     小林危機管理監にお尋ねいしたます。
     県は、静岡空港を基幹的広域防災拠点とするよう国に働きかけているようですが、静岡空港は浜岡原発から20㎞です。このようなところを防災拠点として大丈夫なのでしょうか。不安でなりません。
     県内に基幹的広域防災拠点を置くよう国に働きかけることには大賛成ですし、原発から2.5㎞にあるオフサイトセンターを静岡空港に移すことにも賛成です。しかし、静岡空港周辺を防災拠点にするのはどうでしょうか。いかに平時は至便なところであっても、万が一の時に使えなくなっては何にもなりません。本日のシンポジウムの副題「今、私たちにできること」として、安全には安全を期し、防災拠点を浜岡から離れたところに誘致しいていただきたいのですが、いかかでしょうか。

  • #9

    みかん (土曜日, 17 3月 2012 15:25)

    小林危機管理監におききしたいです。
    実家が御前崎市です。
    一番の心配は、津波も来るので避難すべきかDC、屋内退避で放射能から身をまもるべきかーです。その判断は状況により一人一人がするしかないと思っています。
    そのためには、原発の状態がすみやかに住民に届くことが、絶対条件です。現在考えられている情報伝達手段はどんなものですか?その手段は、福島原発の事故前と事故後でどのような改善点がありますか?
    また、一人一人が判断できるような住民自身の意識改革も大切だと思います。牧之原市のような冊子配布等の計画はありますか?

    新聞で「MACS2」のことを読みました。発生直後の避難には間に合わないかもしれませんが、現時点でどの程度、運用可能な状況でしょうか?

  • #10

    福田由紀子 (吉田町 45才 自営) (日曜日, 18 3月 2012 01:05)

    私のうちは浜岡原発から18km、海岸から800m、何キロも平野が続き、近くに高い建物もない。とても心配です。
    この地域は外国人も多く居住しており、避難のための的確な情報をどうやって伝えるのかについて、もっと細かく詰める必要があると感じています。
    津波から避難しつつ、同時に密閉性のある屋内退避のできる避難場所を確保することは、考えられているのでしょうか。

  • #11

    喜楽会 斉藤百合子(障害者と健常者の壁を無くそう、)                        障害者、高齢者のひきこもりを無くそう (水曜日, 21 3月 2012 22:48)

    会員の声
    透析が36年目になるが、もし震災が起きたとき、医師にお伺いしたところ、自分で捜しなさいと言われた、どうしたらよいのか 自分でも分からない?袋井 55歳
    糖尿病の治療をしているが、地震が来たとき、途中で薬が無くなった時どうしたら良いか・
    か? (袋井 46歳)
    精神、身体に障がいのある人は大きい声を出したり、暗いところが怖いので逃げる所が心配、トイレも障害者ようの高いトイレでないと入れない、テスリも欲しい、避難所は健常者と障害者と分けて欲しい、  (袋井  39歳)
    湊北区、大野 天気の良い日、夜間もある、雨の日もある、幼稚園、小学校は会社に避難するようになっているが、高齢者、障害者はどうしても置いて行かれるのでは無いか?
    健常者の人が先に山に登り、車椅子、歩けない人が後になる、この場合はどうするのか
    (袋井 68歳男性)
    介護をしていた人が津波で流されてしまっているので、考えて欲しい (袋井 男性)
    避難訓練の時に説明してくれたり、地域に理解して欲しい、訓練の時家まで来てくれるが 安全確認だけと、意って廻ってくれたが、訓練の時は避難所に行く人は健常者と歩ける障害者が行くだけで、肢体不自由の人達も一緒に訓練を実施して欲しい、又今回の震災で障害者の事が伝善分からない、なぜですか?斉藤百合子
    聴覚障害者ですが、聞こえないので家族と避難したい、避難していく所を市内で何処か決めておいてくれると助かりますが (袋井 聴覚 75歳 男性)
    ノーパンクの自転車は県ではどの様に考えているのか?又自宅にいる場合、色々な物資が届かないと言うことがあるように聞いているが、その場合どうしたら良いのか
    障害者は変な目で見られる、入浴も大変、避難所では段差があるので、外にも出られないのではないか、34歳 肢体不自由者
    右半身で装具を付くているので、動作は機敏では無い、靴も履けない、避難訓練の連絡もないし何処が避難場所か分からない 民生委員が20年間で3回しか来ていない、浜松市高丘東 肢体不自由者 69歳女性

  • #12

    N(2児の父親) (土曜日, 24 3月 2012 23:33)

    静岡市在住で、2歳と4歳の娘がいます。
    素人的な質問ですいませんが、ヨウ素剤の配布等について質問があります。

    静岡市は、浜岡原発から45km程の距離にあります。
    先日、福島第一原発から45km程離れた市(いわき市)の話を聞きました。
    いわき市の放射線量のピークは3月15日だと聞いています。(15日までは放射線の放出を知らされておらず、外では子供達が遊んでいました)
    ですが安定ヨウ素剤がいわき市に配布されたのは、3月18日以降だと聞いています。
    風速が強ければ、45km地点でも数時間で放射線は到着してしまうと思います。
    現在は自治体や学校で安定ヨウ素剤が管理されると聞きましたが、幼い子供は家に居ます。
    ですので安定ヨウ素剤は各家庭に配布して、使用方法(副作用等)をしっかり各家庭に説明する必要があるのではなのではないでしょか?

    WHO等で放射能障害に認定(?)されているのは甲状腺癌だけと聞いていますが、原発事故時に放出される放射線はヨウ素だけではありません。
    原発事故時に放出されるセシウム等に対応する薬はあるのでしょうか?

  • #13

    N(2児の父親) (日曜日, 25 3月 2012 00:05)

    静岡市に在住です。
    義祖母が病弱で仕事もある為、もしも原発事故が起きても移住は出来ないと思います。

    昨年日本のセシウム暫定基準値は500Bq/kgで、10月には福島でお米の安全宣言が出されました。
    福島県知事は「風評対策の為にも、学校給食で福島産のお米を使う」と言われ、福島の学校給食では500Bq/kg以下のお米が使われました。
    放射線を気にする一部の福島の親は弁当を希望しましたが、学校(教育委員会)から断られたそうです。(いじめもあったそうです)
    チェルノブイリでは事故後の穀物セシウム基準値を370Bq/kgとしましたけど、その後多くの障害が内部被曝によるものだと分かり、10年後にようやく基準値が40Bq/kgになったと聞きました。
    もしも浜岡原発で事故が起きた場合は、日本の基準値(お米)をチェルノブイリに習い40Bq/kg以下にして頂く事は出来ないでしょうか?
    またもしも浜岡原発で事故が起きた場合は、学校給食で弁当の持参を教育委員会で認めて頂きたいですが、いかがでしょうか?

  • #14

    三重県津市民 (月曜日, 26 3月 2012 00:08)

    ライフライン(特に電力)が落ちたときに、具体的にどのように市民へ原発の状況を知らせるのでしょうか。
    福島第一原発の事故の場合、刻々と変化する現状を知らないままに屋外で高い放射線量の中いたと聞きます。
    紙に印刷はできるのか?
    防災対策用のMLがあるとしてメールが届くのか?
    テレビは見られるのか?
    ラジオや町内放送などは聞けるのか?

    また、原発の状況把握をどのタイミングで始めてやめるのでしょうか。
    風下の空間線量の基準でしょうか。
    原子炉内の圧力でしょうか。
    何か基準がありますか?

    福島第一原発と同じような事態になったとき、子供たちの避難先はどこが安全なのでしょうか?
    空間または土壌に放射能汚染が想定される場合、どういった基準で避難しなければいけないのですか?
    福島第一原発の場合はバスでしたが、どのような手段で避難させてもらえますか?
    避難する優先的な立場の方は誰か決まってますか?
    避難先も決定してありますか?

    放射能の汚染がある場合、また長期にわたる余震が続く場合、学校や保育園、幼稚園はいつ再開するのか、基準がありますか?
    地震と放射能汚染を考えて行事や授業内容を後にしたり(体育はすべて屋内のみなど)、授業数を減らすなど変えてよいという基準がありますか?


  • #15

    富士市在住33才子供がいます (火曜日, 03 4月 2012 21:41)

    原発に対して知らなさ過ぎたと、今実感しております。福島の事故を機に、もっと正しい知識と情報を得たいと考えております。
    難しいことがわからないので、わかりやすい解説を常にしてもらいたいな、と思っています。
    また、福島の事故により生活が一変した福島地元の方々が あの事故以降いま現在どんなふうに考えているのか。事故処理現場に実際に携わってる方々が、原発についてどう思っているか。
    本音を聞きたいです。
    また、なぜ浜岡に原発が出来たのでしょうか?なぜ、電力発電システムに原発が採用されたのでしょうか。
    本当に安全なのですか?
    万が一の事故が起こった場合、どの程度どの範囲に影響があるものなのでしょうか?

  • #16

    笑顔 (水曜日, 04 4月 2012 11:16)

    子どもたちにはより安心で、安全に・・・と様々なことで、守ってあげないとと思うのは当然なことなのですが、もしその時ひとりであったならということも想定しておくとして、小学校や中学校・高校と教育現場ではどのような防災教育がなされていますか?  親から子へ伝えていることと、学校が伝えていることが違えば子どもは混乱しますでしょう。
    難しいことだとは思いますが、現状でのお話しがお聴きできたらと思いました。

  • #17

    C (木曜日, 05 4月 2012 21:08)

    渡辺事務局長、西原牧之原市長に質問です。

     原発は、止めただけではいけない。速やかに廃炉にする。しかし、廃炉にするには40年もかかる。
    それからでは間に合いません。

     そこで
    「廃炉にする前に、なんとしても国や学者の勢力を挙げ、二度と事故が起こらないように、国の責任において厳重に保管しなければならない。。それには、危険な核燃料だけ取り出してキャスクに入れ、とりあえず安全なところに埋めて置く。そうすれば、いつ地震が来ても大丈夫。」
    ではないでしょうか?

     今、急ぎ、使用済み核燃料の取り出しと、キャスクの開発を、知事や市長を筆頭に静岡全県民が推進するべきと思いますが、いかがでしょうか?

  • #18

    石田章 65歳 男性 無職 藤枝市民 (土曜日, 07 4月 2012 10:26)

    先の東北地震では大津波が甚大な被害を与えその事がセンセーショナルに扱われるのはやむ得ない。しかし浜岡原発にとっては津波よりも地震そのものが最も危険。高さ18mや21mの津波であろうが地震そのものにより防潮堤が崩壊し、意味をなさないものになる。それとリスク軽減は分散化が原則。なのに電源車や取水塔が事実上集中化しているのも意味をなさない。尚且つその設備にまで厳重な耐震工事がなされているとは思えない。これらの視点の報道が殆どないのはなぜでしょうか。

  • #19

    エスポワール (土曜日, 07 4月 2012 13:59)

     浜岡原発は、廃炉にして、早く、新エネルギーに転換し、新エネルギー関係で、雇用をうみだして、原発従事者の方々や、原発関係で利益を上げてきた方々の未来につなげていただきたいと思います。お金のために原発に依拠する社会を変えていただきたいと思います。
     不幸にして、震災が生じたときに、飛行機で県民を避難させる、ということは、可能でしょうか?可能でしたら、富士山静岡空港の防災対策を万全にして、飛行機による避難計画を綿密にたてて、避難活動の拠点にしたら良いと思います。
     

What's New